カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Jリーグ 愛媛FC

2019シーズン、J2愛媛FCをサポートすることとなりました。
「予算規模ではリーグで下から数番目」とクラブ関係者もおっしゃっていましたが、数年前のプレミアリーグ・レスターは、チェルシーなどの超ビッグクラブをおさえて見事優勝、予算規模は関係ないことを示してくれました。
Jリーグでも、愛媛FCが同じことを証明してくれるのではないかと楽しみにしています。
チームは、地元愛をとても大切にしています。練習場の敷地内は昨年の西日本豪雨災害による爪痕が生々しく残っていましたが、チーム一丸となって地元に元気を与えてくれることと思います。
皆さん、応援よろしくお願いいたします。

愛媛新聞記事➡https://www.ehime-np.co.jp/article/news201901180035

 

FERRET様 記事 第28弾配信

FERRET様より、第28弾の記事がリリースされております。

他者の評価を気にしすぎるとパフォーマンスは不安定になります。なぜなら、他者の評価は自分ではコントロールできないからです。自分でコントロールできないものに振り回されていては、主体的とは言えず、常に一喜一憂し、浮き沈みが激しくなります。

周囲の評価よりも、自分自身の基準に従って自らを評価できる方がはるかに安定します。つまり、自分でコントロール可能なことにエネルギーを注ぐ方法です。

https://ferret-plus.com/10847

FERRET様 記事 第27弾配信

FERRET様より、第27弾の記事がリリースされております。

運動部に所属する大学生が、就活目前になってスポーツを通じて学んだことがまとまらずに困っている姿にしばしば出会います。

スポーツは人生の縮図。目標を立て、弱点を克服し、武器をとがらせ、仲間と役割分担し、己を律しながら日々の練習を重ねて目標達成に向かってきたはずなのに、いざとなると「気合い」「団結力」「リーダーシップ」などというありきたりな言葉で自分を説明しようとしています。

スポーツに取り組む過程は、社会の至るところと繋がるはずなのです。思考の変換装置があれば、スポーツと日常をリンクさせることができ、成長スピードも上がるはずです。

https://ferret-plus.com/10829

JFA S級 & JBA S級 指導者ライセンス

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年は、例年どおりねの日本サッカー協会S級ライセンスの講義だけでなく、日本バスケットボール協会のS級ライセンスも担当することになり、6月・7月に講義・実技を担当してきました。
競技は違えど、どちらも選手として日本代表のキャリアを持つ方々がおります。バスケットのS級では、なんと身長210cmという方と出会いました。
ただ、選手キャリアと指導力はイコールではなく、指導者として自分の思い描いた絵をどのように選手に伝えるかはとても難しいテーマです。

瞬時に局面の変わるサッカーとバスケ、すべてのプレーを監督の指示命令で進めることはできず、選手に判断をゆだねる部分が必要です。しかし、判断する基準を示さないまま判断を求めれば、「君たちの好きなようにやっていいよ」ということになってしまい、たちまち秩序を失います。
7月29日朝日新聞朝刊のスポーツ欄には、J1ガンバ大阪発采配の宮本恒靖監督の記事が出ており、これまでのチームの問題点として「自由度が高すぎた」として指摘していました。自由と規律のバランスがチームワークづくりでは大切ですね。BリーグもJリーグも楽しみです。

FERRET様 記事 第20弾配信

FERRET様より、第20弾の記事がリリースされております。

前回に引き続き、危機的状況で実力を発揮できるチームをテーマにしています。今回は、2011年東日本大震災に見舞われたJリーグのベガルタ仙台にフォーカスしました。未曾有の大震災でダメージだらけのベガルタは、どうしてこのシーズンにクラブ史上最高位(4位)まで上り詰めることができたのでしょうか?

https://ferret-plus.com/10174

 

FERRET様 記事 第16弾配信

FERRET様より、第16弾の記事がリリースされております。

リーダーとメンバーの間には、立場の違いから生じる壁ができてしまうことがあります。リーダーが裸の王様にならないために、そしてメンバーのやる気と責任を引き出すために、どんなコミュニケーションが有効かを、事例と共に考えています。

https://ferret-plus.com/9604?limited_param=ea4eec2b712ae08f0face7f2b3f0481057bd9cf0&type=preview

FERRET様 記事 第14弾配信

FERRET様より、第14弾の記事がリリースされています。
今回は脇役のメンバーたちがいかにチームのパフォーマンスに影響を与えているか、という内容です。ついリーダーは、主力として活躍しているメンバーに目が向いてしまいますが、スポットライトの当たらない脇役の重要性に触れています。よろしくお願いいたします。

https://ferret-plus.com/9348?limited_param=29036fd0b378d5d1b1ec2fb70c92b5d4381273c9&type=preview

FERRET様 記事 第11弾 リリース

リリースから時間が経ってしまいましたが、FERRET様より第11弾の記事がリリースされています。

今回は、リーダーがチームの雰囲気づくりにどのような影響を及ぼしているか、をテーマとしています。もちろん、チームの雰囲気はメンバーの性格的な特徴・バランスに大きく左右されますが、リーダーとしてできることは何かを考えていきます。

https://ferret-plus.com/8617

横浜FC vs コンサドーレ札幌 

横浜FC札幌1 横浜FC札幌2 横浜FC札幌3

2016プレシーズンの沖縄キャンプからサポートしているコンサドーレ札幌の試合を観に行きました。1試合消化が少ない中、2位との勝ち点差7で首位独走となりつつある中、悲願達成に向けて再び8月末に指導依頼をいただいております。指導に向けて、今回は事前の情報収集を兼ねての観戦でした。
前節、カズ選手のゴールで接戦を制した横浜FC、連勝中で好調を維持しているチーム同士の対戦でしたが、札幌は6月8日以来2か月ぶりの敗戦となりました。
この結果を悲観することなくを冷静に受け止め、悲願達成に必要なピースを見つけ出し、チームに還元することが私の責務になります。
ケガによる長期離脱で、都内にてリハビリ中の稲本選手も応援に駆け付けました。ベンチには背番号17の千羽鶴も掲げられ、チーム一丸を感じました。

#コンサドーレ札幌 #首位 #稲本潤一