6月6日サッカー天皇杯2回戦 奈良クラブ大金星

 

5月末、奈良クラブの選手たちにチームワーク構築に関するミーティングを行いました。奈良クラブが所属するのはJFLというカテゴリーで、J1→J2→J3の下、日本の4部リーグに相当します。6月6日の天皇杯2回戦の相手がJ1の名古屋グランパスと決まっている中、圧倒的な格上を相手に大金星を挙げるために何が必要か?その後のリーグ戦をどう闘うか?について考えていきました。

結果はなんと、延長戦まで120分間戦い抜いて1-1のドロー、PK戦の末の劇的勝利でした。
まさに、チーム一丸となった大金星でした。
選手、クラブスタッフ全員の努力が実った瞬間です。
努力に見合った成果を得るためには、少しの知識や工夫が必要です。努力していても、個々バラバラの努力ではチームの力を最大化することはできません。
【1+1>2】を体験した選手たちの次なる目標は、天皇杯3回戦の広島(現在J1首位)撃破とJ3昇格です。

SVOLME様 アパレル等のご提供

6月より、SVOLME様からアパレル・シューズ・バッグ等を提供していただくことになりました。

パステルカラーのオシャレなものから、モノトーンのシックなものまでラインナップ豊富です。
様々な場面で、大切に使わせていただきます。さっそく福岡でsvolmeファミリーを見つけましたので2ショット。

https://www.svolme.net

ブラインドサッカー日本代表

2020年東京パラリンピックに出場するブラインドサッカー日本代表にコーチとして関わるようになって7ヵ月が経ちました。
そこには学びがたくさんあります。
よく、サッカーでは「見て・感じて・動く」ことが大切だと言いますが、まず「見る」ことができません。なので、その代わりに「見て」の部分は「聞いて」に変えればいいのですが、聞くためにはお互いがもっと発し合うことが大切です。
ふと考えると、私たちも目は見えていますが注意深く観ていないため、「感じて、動く」ことができていないと気づかされました。率先垂範型のリーダーが「背中で示す」などと言いますが、それはメンバーがしっかり観てくれている前提です。そうなると、やはり言葉にして発し合うことも非常に重要だと感じますし、「感じる」ための豊かな感性、「動く」ための強い意志を持った行動力も必要です。
日本サッカーの父と言われるドイツ人の故・デットマール・クラマー氏が残してくれた名言にもつながります。

「物を見るのは目ではなく精神であり、物を聞くのも耳ではなく精神である」

選手たちは精神で物を感じているんだ、と思わされるシーンはたくさんあります。ブラインドサッカーへの応援、よろしくお願いいたします。

FERRET様 記事 第18弾配信

FERRET様より、第18弾の記事がリリースされております。

今回は、組織の意思決定に大きな影響を与える「序列」について考えていきます。序列やヒエラルキーを上手に活用することで、スピーディーに意思決定をしていくことができます。しかし、一部のメンバーに発言権が偏ってしまうのも事実です。メリット・デメリットを理解したうえで、リーダーがいかに集団を導くかが重要になってきます。

https://ferret-plus.com/9776

FERRET様 記事 第17弾配信

FERRET様より、第17弾の記事がリリースされました。

リーダーはメンバーによく「自分で考えて判断しなさい」と言いますが、いざメンバーが自分で考えて行動すると、「なんでそんなことしたんだよ。事前に相談くらいしてくれよ」と言いたくなることがあります。どうしたら、安心してメンバーの判断に任せられるのでしょうか?今回はそんなことがテーマになっています。

https://ferret-plus.com/9764

FERRET様 記事 第16弾配信

FERRET様より、第16弾の記事がリリースされております。

リーダーとメンバーの間には、立場の違いから生じる壁ができてしまうことがあります。リーダーが裸の王様にならないために、そしてメンバーのやる気と責任を引き出すために、どんなコミュニケーションが有効かを、事例と共に考えています。

https://ferret-plus.com/9604?limited_param=ea4eec2b712ae08f0face7f2b3f0481057bd9cf0&type=preview

FERRET様 記事 第15弾配信

FERRET様より、 第15弾の記事がリリースされています。

失敗にへこたれず、プレッシャーをはね除け、粘り強くチャレンジし続ける人を「メンタルが強い」などと言います。逆に、すぐにめげてしまい、弱音を吐く人を「メンタルが弱い」などと表現します。メンタルという広義の言葉、今回はその正体について考えています。

https://ferret-plus.com/9601?limited_param=a7c2c4c6fa00d508e8022d1fc6e42f7bbcb31c51&type=preview

Jリーグ2018シーズン開幕!

 先月の話ですが、今年もJリーグプレシーズンキャンプ指導のため、沖縄➡鹿児島➡宮崎へ行ってきました。

昨シーズンまで2年に渡ってサポートしてきた北海道コンサドーレ札幌は、1年目にJ2優勝、2年目は残留を目標にしつつも中位(11位)でフィニッシュ、監督交代もあり、一定の成果の中でミッションを終えることになりました。

今シーズンからはJ1ヴィッセル神戸をサポートすることになり、沖縄でチームに数日間帯同しましたが、雨の降る日も多く、沖縄とは思えない寒い日が続きました。               吉田監督を中心とした現場スタッフ、新設ポストのスポーツダイレクター三浦淳宏氏を中心とした強化スタッフ、全員が一致団結した素晴らしいチームです。現体制なら、2~3年の間に目に見える結果が出るのではないかと思います。
昨日2月23日、他カードに先駆けて史上初の平日開幕、鳥栖VS神戸が行われました。勝利こそなりませんでしたが、終盤に追いつく形で劇的なドロー(1-1)でした。Jリーグ開幕は年々早まる傾向にあり、プレシーズンでのチームづくりは至難の技と言えます。良いチームはシーズンを闘う中で上向いてくるので、今後の神戸に注目です。皆さん、応援よろしくお願いいたします。                その他のチームも、フェアで熱い試合が繰り広げられることを楽しみにしています。

FERRET様 記事 第14弾配信

FERRET様より、第14弾の記事がリリースされています。
今回は脇役のメンバーたちがいかにチームのパフォーマンスに影響を与えているか、という内容です。ついリーダーは、主力として活躍しているメンバーに目が向いてしまいますが、スポットライトの当たらない脇役の重要性に触れています。よろしくお願いいたします。

https://ferret-plus.com/9348?limited_param=29036fd0b378d5d1b1ec2fb70c92b5d4381273c9&type=preview