明日5/26(金)「サッカー人生は上々だ!」に出演します

明日5/26(金)22:00~22:50インターネット放送局CWAVE「サッカー人生は上々だ!」に生出演します。おそらく、Jリーグ指導やS級ライセンスでの講義・実技、東京電機大学サッカー部での取り組みなどをお話することになると思います。

以下、番組側からいただいた案内となります。

http://www.ustream.tv/channel/cwsenju
https://freshlive.tv/cwave
(5月26日22時からの生放送、こちらのURLをクリックをすると当日その時間に映像を視聴することができます。この模様は放送終了後、YouTubeでもご覧いただけます。詳細は後日お知らせいたします。)

そして、当番組では、スタジオで生観覧できます!
画面では分からない生の空気を感じとっていただきたいと思っております!
ドリンク代込みの¥1,000、先着順ですので、お席がご用意出来ない場合がございます。(約15席程で、それ以上は立ち見になります)

●場所
Cwaveスタジオ
住所:〒120-0026
東京都足立区千住旭町41-14 第一ビル7F
最寄り駅: JR上野東京ライン・常磐線・東京メトロ日比谷線・千代田線・東武伊勢崎線・つくばエキスプレス「北千住」駅徒歩2分」

チームとは?チームワークとは?

少し前のことですが、ferret様への寄稿、第2弾がリリースされました。
「チーム」「チームワーク」という漠然としていて説明しづらい言葉、なんとなく使ってしまうこれらの言葉を整理してみました。いま一度これらの言葉について考えることで、何が必要かを見つめなおす一助となれば幸いです。

https://ferret-plus.com/6991

#ferret #チームワーク #チームビルディング #スポーツ #ビジネス

FERRET様への記事提供が始まりました

このたび、35万人もの会員数を誇るウェブメディア、FREET(フェレット)様よりご依頼いただき、長期にわたって記事の提供をさせていただくこととなりました。3000字程度の1回読み切りスタイルなので、コンパクトで無理なくお読みいただけると思います。
連載とは異なるスタイルですが、毎回チームワークや組織の問題に焦点を当てていきます。組織の悩みを抱えている方々が少しでも笑顔になってほしいと思いますし、1+1>2を生み出すことで人口減少を感じさせない元気な日本にできたら、と思っています。多くの皆様のもとへ届くよう、ぜひご協力ください。よろしくお願いいたします。記事はこちら↓↓↓

https://ferret-plus.com/6911

#チームビルディング #FREET #フェレット #ウェブメディア #記事

次世代型チームワーク

福富です。
4月8日に私が勤める大学サッカー部が人工芝化を機に、ライバル校との第1回定期戦を行いました。
学生からの提案で実現、準備に要した期間は10か月の大作でした。
学生の意見を集約すると、定期戦の趣旨は以下の3点でした。
・人工芝を作ってくれた大学への感謝を表現する
・大学を背負うという誇りを持ち、歴史と伝統を作る
・(勝ち点や得失点の計算が絡むリーグ戦とは違う)勝敗を決する真剣勝負による成長
私個人のフェイスブックでも度々書いたため繰り返しで恐縮ですが、対戦相手の選定、相手との交渉、レギュレーションの決定、トロフィー購入、有料審判派遣、ポスター作成、音響サークルへの協力依頼、開会・閉会セレモニー、当日の運営人員配置、会場設営、駐車場案内など、30名選手・マネージャー全員フル稼働で行いました。
平均往復通学時間が3~4時間、専門分野も異なり、練習で全員がそろうこともない、つまり練習も打ち合わせもほとんどできない現状ですが、Mission、visionだけはきっちりと共有しつつ、個々のペースで役割を全うし、トランザクティブメモリー(Who knows what?)が機能していました。今回学生たちが表現したのは、まさに次世代型チームワークでした。
バーチャルチームが増えた現代社会、一時的なプロジェクトのために優秀なメンバーが集い、それぞれのスタイルで役割を全うして、解散する。メール、スカイプ、電話会議・・・。またフレックスタイム制で全員が集まることが少ない。次世代型チームワークが機能した運営だったと思います。

#次世代型チームワーク

セミナー第2弾

3月28日に行われました「勝つ人のメンタル × 勝つ組織」大儀見浩介氏とのセミナー第1弾(講義編)に続きまして、来る4月11日は第2弾(実技編)を行います。
もちろん講義編と実技編を関連づけてより深く体感していただく構成となっておりますが、実技編のみのご参加でも十分理解していただけるよう配慮いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております。
なお、私の実技に関しましては、体力レベルに合わせ無理のない範囲で体を動かします。スポーツウェアでなくても構いませんが、多少動きやすい服装でのご参加をおすすめします。見学のみのご参加もお受けいたします。
新年度のお忙しい中ではありますが、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

⬇⬇⬇ お申し込みはこちらをポチッと

#メンタル #チームビルディング #大儀見浩介氏 #コラボレーションセミナー

セミナー第1弾

このたび、メンタルトレーニングコーチの大儀見浩介氏とのコラボレーションセミナーを実施することとなりました。3/27・4/11の2回に渡って行われます。おそらく共通点も多く、大儀見氏やご来場の皆様とシナジーが起こることを期待しております。新たな学びの機会をいただき、ワクワクしています。
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。お申し込みはこちらからお願いいたします。

⬇⬇⬇

お申し込みはこちらをポチッと

#メンタル #チームビルディング #大儀見浩介氏 #コラボレーションセミナー

浦和レッズレディース

2月半ばのことですが…。3日間の日程で行われた第6回なでしこ交流戦(千葉県)に、浦和レッズレディースが参加しました。今シーズンから監督に就任した石原孝尚さんよりお声かけいただき、宿泊先ホテルにてチームワークについて考えるミーティングをもちました。
石原監督は2013シーズンINAC神戸で、国内3冠に加えて世界のタイトルも取り、シーズン4冠の偉業を達成した方で、チームワークには強い関心をお持ちです。

女子チームの場合、間違いなく男子チームとは違ったマネジメントが必要になります。しかし、チームワークを構築するうえでの最初の一歩は、男女共に変わりません。そして、女子チームをマネジメントできる指導者は、男子チームも上手にマネジメントする素地を持っている、というのが私の持論です。一般的に、女性は男性よりも感情面で繊細な部分が多いので、女性をきちんと束ねられる細やかなマネジメント力は、そのまま男性にも当てはまるわけです。
レッズレディースは、非常に前向きで才能豊かな選手たちが揃っています。間違いなく観る人に希望・勇気・感動を与えてくれると思いますので、駒場スタジアムに足を運んでみてください!ホーム開幕戦は4月2日vsジェフレディース(14時@駒場)です。

#浦和レッズレディース #石原孝尚監督 #チームビルディング #駒場スタジアム

新規お問い合わせについて

日頃より、弊社をお引き立ていただき誠にありがとうございます。
弊社では今年に入り、1年以上に及ぶ価値ある長期プロジェクトを多数いただきました。いっぽうで、皆様からの新規お問い合わせに対する日程調整が非常に困難となってしまいました。従来どおりホームページ「お問い合わせフォーム」よりお受けいたしますが、ご依頼にお応えできないことも出てくることと思います。弊社の窮状をご賢察のうえ、あしからずご容赦いただけますようお願い申し上げます。

また、このような問題の解消に向け、積年の課題であった指導者養成も視野に入れていく覚悟です。指導者養成もまた、数年単位での長期プロジェクトになることは間違いありませんが、弊社の手法を必要な方々のもとへタイムリーにお届けできるよう、少しずつ体制を整備してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

サッカーU-18日本代表

2月4日早朝からスペイン遠征を控えたU-18日本代表チームは、出発前日に味の素フィールド西が丘に集合しました。
フィジカル測定を終えたあと、ピッチで1時間半指導をさせていただきました。「チームになった時点で、メンバーは必ずお互いに(良いことも良くないことも)影響を与え合う宿命だ!」「U-18 世代の先頭に立ち、世代を丸ごと強くする覚悟を持とう!」と伝えました。

監督はS級で毎年ご一緒する影山さん、コーチは五輪代表でもコーチを務めた秋葉さん、マリノス時代にお世話になった木村浩吉さんもチームに帯同していました。

チーム立ち上げ1発目のスペイン遠征は、成田出発が1時間遅れ、マドリッドまでの燃料不足によりデュッセルドルフで給油、目的地カナリア行きの便に乗れずマドリッドで1泊・・・。というトラブルがありつつ迎えた強豪との3連戦。
初戦カナリア諸島にロスタイム弾で2-1、翌日ベルギー代表にも2-1、1日あけてスペイン代表には2-0、無傷の3連勝で優勝してくれました。これからが楽しみなチームです。
ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

#U-18日本代表 #影山監督 #スペイン遠征 #チームビルディング

J2ロアッソ熊本のキャンプレポート

熊本2017

ずいぶん前のこととなってしまいましたが、昨シーズンに続き、今シーズンもJ2ロアッソ熊本の指導に行ってきました。

ご存知の通り、昨シーズンは開幕直後から首位に立つなど好調だったチームは、震度7の大震災に見舞われてしまいました。言葉には尽くせない状況の中、見事に残留を果たし、被災地に希望と勇気を与えてくれました。

昨年は、「本当に明るく、楽しく、仲が良い、自分たちでムードを作り上げられる清々しい選手たち」という印象でしたが、メンバーの入れ替わりを感じさせないほど、今年も素晴らしいチームでした。
ベースの人間関係が安定していると安心感が備わり、議論することに抵抗がなく、様々なアイディアが生まれやすくなります。なかなかお目にかかれないチームです。

次から次へと新しい発想が出てくる→みんなでそれを採用する→主体的で楽しい→失敗しても人やモノや環境のせいにしない→次のアイディアを試す→成功する→もっと高みを目指す…そのサイクルです。

熊本180万県民を勇気づける試合とは…。結果に関わらず、努力と成長を続けているチームだと思います。人は必ずしも結果に感動するわけではありません。フェアで清々しく、ひたむきに闘う姿勢で感動を呼び、それが結果につながることを期待しています。

#ロアッソ熊本 #チームビルディング